前へ
次へ

結婚指輪はなぜ交換するのでしょうか

婚約をすると婚約指輪を女性に贈りますし結婚をしたのなら結婚指輪をお互いに交換します。
これらの事にどのような意味があるのでしょうか。
婚約指輪は結婚を誓い合った証としての意味がある事は常識的に理解されますが、結婚指輪の交換は深い意味があります。
古代エジプト文明から古代ローマのころには既に指輪の交換がなされていたということです。
契約の意味合いが強くまた、異なる部族間、家間の絆の証拠として交換されていたのです。
現在のような形になったのはキリスト教の影響があり、広く民間に普及したようです。
ではなぜ指輪は左手の薬指に嵌められるのでしょうか。
一説によれば、左手薬指は心臓と関係があり愛の血管が一本で繋がっていると信じられていました。
古代エジプトではそのため薬指となったようです。
最近では結婚指輪を買わないケースも見受けられますが、確かに高価な指輪を買うなら新婚旅行や新婚生活に当てた方が良いのかも知れませんね。
しかし、指輪の由来を知れば欲しくなるのではないでしょうか。

Page Top